地域産業保健センターとは

地域産業保健センターとは

 労働者50人未満の事業者では、労働安全衛生法上、産業医を選任する義務がないことや、経済的理由等で事業者として医師と契約して、従業員に対して健康相談や健康指導といった、産業保健サービスを提供することが十分でないことも多いようです。
 鶴見地域産業保健センターでは、労働者50人未満の事業者に対して、医師・保健師等専門家から健康相談・健康指導が無料で受けられるよう産業保健サービスを無料で提供しています。

産業保健サービス

サービス内容

特定健康診断

健康相談は鶴見区医師会産業医部会の医師がお受けします。当センターが窓口になって医師をご紹介します
ご相談なさりたい方は当センターに気軽に電話をかけてください。
特にメンタルヘルスについては、産業医が相談・指導を行います。

面接指導

長時間労働者への面接指導を行います。
労働安全衛生法第6条の8に規定する「面接指導」及び第66条の9の必要な措置として実施される面接指導の対象となる労働者に対し、産業医またはメンタルヘルスに対応可能な医師が対応し、必要に応じて事業者に対する指導・助言を行います。

利用方法

「特定健康診断」、「面接指導」などを希望される会社は利用申込書を提出していただきます。

コーディネーターの勤務日は毎週、月曜・水曜・金曜の午前9時から午後5時までですが、留守にする事が多いので、その時は留守電に入れるか、Eメール・FAXをご利用ください。
まずは、鶴見地域産業保健センターに電話をしてください。
※注 コーディネーターとは、センターの事務局のお世話をしている者です。

問い合わせ先

住所 〒230-0051 横浜市鶴見区鶴見中央3-4-22 鶴見メディカルセンター内
電話・FAX 045-521-2738 Eメール turumi-sanpo@sky.bbexcite.jp